読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1,028話 生の白菜はおいしいです

f:id:umediary:20130416215026j:plain

こんばんは、吉田ななです。

上の写真は、

「人間の母が帰ってきたので安心したヨ」

と話していた兄の吉田ウメです。

 

f:id:umediary:20160121112927j:plain

お昼を過ぎた頃、人間の姉が

「今日はちょっと出かけてきますから」

と言いました。

ガッカリしました。

 

f:id:umediary:20160121115530j:plain

いよいよ出かけるそうです。

10分ほど歩いたところに行くのだそうですが

私には、ずいぶん遠いところのように思えます。

 

f:id:umediary:20160121190155j:plain

ほとんど夜になって、

人間の母と姉が一緒に帰ってきました。

急に明るくなりましたので、

目が開きません。

それでも「お帰りなさい」と挨拶をしました。

 

f:id:umediary:20160121193048j:plain

人間の姉が、私の晩ゴハンの用意をしています。

お腹が空きましたので、

まず白菜を生で食べることにしました。

新鮮で美味しかったので、

たくさん食べました。