読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1,244話 絶不調でした

f:id:umediary:20140722211136j:plain

こんばんは、吉田ななです。

上の写真は、

「お灸をしたらラクになったヨ」

と喜んでいた兄の吉田ウメです。

 

f:id:umediary:20160920120341j:plain

昨日も気分が優れませんでした。

ゴハンもお水も喉を通りませんでした。

人間の家族がお灸をしてくれました。

 

f:id:umediary:20160920121216j:plain

お腹にもお灸をしました。

 

f:id:umediary:20160920201336j:plain

マタタビの粉なら元気が出るかと思いましたが、

ダメでした。

 

f:id:umediary:20160920201552j:plain

人間の母がマタタビの粉を

私の口に直接つけました。

  

f:id:umediary:20160921125226j:plain

今日も具合が悪かったです。

お水を何度も飲まされました。

 

f:id:umediary:20160921125227j:plain

思いついて、口の中で泡をつくりました。

それを口の外に出して、

私の気持ちを表しました。

もうお水は飲みたくないのです。

 

f:id:umediary:20160921125352j:plain

よだれをたくさん作りました。

 

f:id:umediary:20160921153026j:plain

漆喰を塗ってある壁とベッドの間の

隙間に逃げ込みました。

 

f:id:umediary:20160921160830j:plain

今度は、パニックを防ぐハーブ系の飲みものを

混ぜたお水を飲まされました。

よだれをたくさん出しました。

 

f:id:umediary:20160921172551j:plain

「お水を飲まないと死んでしまいますよ」

と人間の母が言いますので、

お水のそばまで行きました。

飲む気が起きるまで、しばらく待ってみました。

しかし、ダメでした。

 

f:id:umediary:20160921183352j:plain

思いあぐねた人間の家族は、

お花のエッセンスをお水の中に入れて

私に飲ませてくれました。

少しだけ、気分が良くなったような気がします。

 

f:id:umediary:20160921184047j:plain

これは、私たちが引っ越してくるときに

広い畑に植えて頂いた酔芙蓉(スイフヨウ)です。

育ててくださっている方から

写真を頂きました。