読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1,283話 かわいそうな私

f:id:umediary:20131228205447j:plain

こんばんは、吉田はなです。

上の写真は、

暖房機で暖まっていた

兄の吉田ウメと姉の吉田ななです。

 

f:id:umediary:20170222081829j:plain

「はなちゃんはどこ?」

 

f:id:umediary:20170222081936j:plain

「ここにいます!」

 

f:id:umediary:20170224175354j:plain

今晩も、生のお魚を少し食べました。

 

f:id:umediary:20170225130828j:plain

人間の母が、また私を呼んでいます。

 

f:id:umediary:20170225130845j:plain

用事はなさそうです。

 

f:id:umediary:20170226104652j:plain

私の秘密を聴いてください。

実は、トイレの砂が嫌いだったので、

あちこちに「水たまり」を作っていました。

人間の家族が悩んでいましたら、

親切な方が「消臭剤」を送ってくださいました。

最近、トイレの砂が鉱物系のものに変わりましたので、

それ以来、私は、トイレの外で

水たまりを作っていません。

今は、人間の母のベッドでも

ゆっくりくつろぐことができるようになりました。

もっと早くこの砂にしてくれれば、

叱られずにすんだのに!と思います。